ヘナという白髪染め

最近は強力な白髪染めではなくて、頭皮や毛髪に優しい白髪染めというのが、とても注目されつつあります。

ネットで検索すると「白髪染め情報マトメ」というサイト(http://www.lewisfloydhenry.com/)のように、白髪染めを選択する基準として配合されている成分の安全性について言及しているものも見つかります。

これは白髪染めに対してより多くのものを求めるようになった結果とも言えるでしょう。

染まればよい、というだけではなく髪に負担のかからないもの、頭皮に負担のかからないものとプラスアルファが求められているのだと思います。

頭皮や毛髪に優しい白髪染めの一つに、10年くらい前に登場し、自然志向が高い方たちに注目されるようになってきた、ヘナという白髪染めがあります。

実際に日本でヘナの名前が知れ渡るようになってきたのは、美容室などからですが、美容室などではそのままヘナとは呼ばないで、ヘナカラーリングとか、草木染めといった呼び名で呼ばれている、白髪染めはもちろん通常のカラーにも用いられる、安心な染料なのです。

ちなみにこのヘナというのは、もともとはインドとか東南アジア方面、中近東やアフリカといった地域など、幅広い地域に生えていると言われる木の種類の一つであり、古来より染めるといった役割の他にも、薬として使われていたりだとか、防腐剤としても使われてきたという、かなり歴史も古く珍重されてきた木でもあるのです。

一説によると、なんとかの有名なクレオパトラヘナでさえも、このヘナを使って体を装飾していたのではないか、こんな風に伝えられておりいかにヘナという植物が古来より愛されて使用されてきたのかというのが、わかるのではないかと思います。

最近ではもうへナだけではなく、刺激やダメージを考えて作られた白髪染めは多くの商品として見かけるようになりましたね。

メーカーが消費者に何が必要とされているか調査、研究をした結果といえるでしょう。

より満足のゆく白髪染めは消費者の目線から生まれているのです。